【コラム】住友林業と三井ホームの打ち合わせ、子育て世代へオススメは?

Meeting 家づくりコラム
この記事は約3分で読めます。

 

こんにちは、三井ホームで40坪2Fリビングの家を建てたワガハイです。

今回はコラムという形で、家づくりの中で感じたことなどを書いてゆきたいと思います。いつもはヨジツ差をベースにして書いてますが、いつもいつも「ヨジツ差」ばっかり言われてると仕事だって嫌になっちゃいますしね笑。

ということで、ゆるめの家づくりのメモを書いてゆきたいと思いますが、こちらは独自性が高すぎるといいますが、個別の事情によりますのでその点ご了承ください。

さて、今回は三井ホームと住友林業の打ち合わせ場所の雰囲気などについて書きたいと思います。

実は結構雰囲気が違うんですよ。どちらも床材が置いてあったりキッチンのモデルがあったりというところは変わりありませんが、住友林業は割とミーティングルーム(もっというとオフィスにある打ち合わせスペース的なもの)のようなスタイルでかなりオープン

肩程度の高さの壁で4人がけテーブルが囲われている程度、周りの雑音なんかもよく聞こえます。見積の話をするときはさすがに個室に入っていましたが、間取りの打ち合わせなんかは大体こういったオープンな打ち合わせスペースで行います。

一度、社員の方の出入り口に近いところで打ち合わせしたのですが、社員の方が通るたびに頭を下げてくれるので申し訳ない感じになってました。

一方、三井ホームは打ち合わせ部屋自体が個室になっており、一つ一つの部屋のクロスも変えられていてオシャレな雰囲気を醸し出しています。三井ホームなら落ち着いて打ち合わせがができる、、、かと思いきや、実はそこにヨジツ差、、という言葉は今日は使わないんだった、スミマセン。ということで、住友林業の秘策が!!

実は住友林業、子供の遊び場に加えて保育士の方が準備してくれており、子供を預けて打ち合わせに没頭できます(ワガハイ家は小さい方が手元に残るのでそうも行きませんでしたが)。これは大きい!今保育士さんがいないところで打ち合わせされて大変だ、、という方、営業さんに聞いてみるといいと思います。10分、いや20分遠くなってもその価値はあるとワガハイは断言します(特に終盤に起こりやすい「9時5時ですか苦笑!?」みたいな打ち合わせのとき)。

一方の三井ホームは子供の遊び場こそあれ保育士の方はいらっしゃいません。なので、上の子は結構DVD漬けにしてしまい、やたら虫や恐竜に詳しくなってしまいましたが、将来この経験を通じて高名な学者にでもなったらきっと感謝するに違いない…と思います、たぶん。

そうそう、保育士が居ない代わりではありませんが、三井ホームにはしっかりと受付があり、受付の方も2人ほどいらっしゃいます。ワガハイの場合は体温検査と消毒を促されるばかりでしたが、きっと落ち着いた雰囲気で打ち合わせを希望される世代には刺さるのでしょう。

雑多な雰囲気の中で受付も営業さんが出てきてくれて、アットホームな雰囲気でワイガヤ打ち合わせするIT企業みたいな住友林業。一方で、受付もきっちりあり、落ち着いた雰囲気、おしゃれな個室で打ち合わせをする大企業感溢れる三井ホーム

ハウスメーカーも色々ですね。

宜しければポチッとお願いします!
ブログランキング・にほんブログ村へ
ポチッとお願いします!
ブログランキング・にほんブログ村へ
PVアクセスランキング にほんブログ村
PVアクセスランキング にほんブログ村
家づくりコラム
憧れは、かたちになったのか – 三井ホームで40坪2Fリビングの注文住宅を建てる –

コメント

タイトルとURLをコピーしました