【コラム】まさか注文住宅にも半導体不足の波!?

Semiconductor 家づくりコラム
この記事は約4分で読めます。

 

こんにちは、三井ホームで40坪2Fリビングの家を建てたワガハイです。

2021年は注文住宅業界に大波が発生した年でした。なんといってもウッドショック。北米での住宅需要の急増とコンテナ船輸送運賃の上昇が招いた事態だと言われています。

この辺りの詳細は専門家の記事に譲りたいと思いますが、コロナ禍の中で旅行やレジャーなどのコト消費が減退し、家でできるプチ贅沢等々のモノ消費に重きが置かれたこと、その結果として輸送需要が供給を大幅に超えてしまい輸送費が急上昇したこと、北米のモノ消費の中には家づくりも含まれること、そして、最後に過剰流動性の影響、要はキャッシュが過剰供給されたことでコモデティがインフレのような状態となったことが原因と言われています。

そんな難しい話はさておいて、気になるのは家を建てる費用にどれくらい響くのかというところ。ザクッと聞いたところ一軒建てるのに100-200万円くらいコスト増になっていると営業さんから聞きました。また、大手ハウスメーカーが木材を押さえてしまうために中には資材が不足して着工中であっても工事が止まっていることもあるそうで家づくり界隈には甚大な影響を与えています。

また最近は半導体不足という言葉もよく耳にします。産業のコメと言われる半導体はあらゆる機械に使われており、自動車メーカーなども減産を余儀なくされています。これはこれで世界中に様々な影響を与えているわけですが、とはいえ家づくりには関係ないよね、と思っていました。

と思っていたらまさかの展開。照明の打ち合わせしている際に元々調光・調色ができる照明を選んでいたのですが、調色は半導体を利用しているそうで狙っていた照明メーカーが現在受注停止しているとのこと。

ちなみに、調光・調色については以下の通りです。

調光

照明に供給する電力を調節することで照明の明るさをコントロールすること

調色

照明の色味自体を変えて電球色(オレンジっぽい光)や昼光色(白い光、昔の蛍光灯のイメージ)、昼白光(電球色と昼光色の間)などを調節すること

繰り返しますが半導体を利用するのは調色だけで調光の方は問題ありません。すべてのメーカーが受注停止しているわけではありませんが、半導体不足自体は長期化が予想されますし、購買力のある産業から優先的に取っていってしまうので中々回ってこないという事態も考えられます。なので、調色できる照明をお考えの方は早めに照明計画について検討し必要に応じて確保してしまうということも考えてみてもよいかもしれません。

もしくは別の案として調色を前提としない照明プランに変更するという方法もあります。調色が必要となるのは「昼間は明るいリビング、夜は大人なリビングに」というようなことを実現するケースだと思いますが、スタンドライト等を活用することで調光だけで乗り切れるプランに変更しておくと問題は避けられると思います。

ちなみにワガハイは待っていられないので調光のみの照明にしました。元々、調色もできたらいいなくらいだったということ、家の照明はすべて昼白色を選んで統一したことから調色ができなくてもとりあえず問題なさそう、というプランであったことが幸いしました。

他にはスタディコーナーは勉強するので昼光色の方がいいのかなとは思っており調色も視野に入れていましたが、子供が夜本当に何時間も勉強することになったらランプ自体を変えて対応する、もしくは子供部屋に入ってもらうということで割り切りました。いやしかし、子供が受験勉強とか今から考えるだけでも恐ろしい。。。

今回は結構キャッチーなタイトルにしてしまいましたが、もし本当に調色照明をお考えの方がいれば少しでもお役に立ちたいという気持ち9割とアクセス数伸びないかなという気持ち1割です(決して逆じゃないです、ここハイライトしておこう、ウン笑)。全然関係なかったという方がいらっしゃれば申し訳ありませんが、一応そういうことが起きているということを知っておくこと自体は損ではないかなと思ってます。

改めてですが、半導体不足の波がまさか我が家の照明に影響するとはと驚きでした。LED照明だと使い方次第で10年以上持ちますので、交換する時に「半導体不足で調色が選べなくてさ〜」なんて話すんだろうなと思ったり。世界中のサプライチェーンというのは全然知らないところで密接に繋がっているんですね。

宜しければポチッとお願いします!
ブログランキング・にほんブログ村へ
ポチッとお願いします!
ブログランキング・にほんブログ村へ
PVアクセスランキング にほんブログ村
PVアクセスランキング にほんブログ村
家づくりコラム
憧れは、かたちになったのか – 三井ホームで40坪2Fリビングの注文住宅を建てる –

コメント

タイトルとURLをコピーしました