注文住宅は後々の事も考えて設計していく

住宅街である平和台に注文住宅で一戸建てマイホームを建てるとなりますと、やっぱりこだわりを存分に発揮したくもなるものです。ですから、間取りにしても家のインテリアにしましても、他の家と似ていない自分たち独自の家にしたいものです。

けれども、その考えに対して私は「ちょっと待って!」とも言いたいわけです。なぜなら、こだわりの強い注文住宅だと、いざ売却する際に買い手がつかない傾向があるからです。いくら、リフォームをしてキレイに直して売り出したとしても、家主のこだわりがフルに発揮された個性的な住宅ですと、中古住宅市場でも人気がないと聞きますからね。

一戸建て住宅を建てる年齢は、大体20代後半〜30代前半だというところでしょうか。そうなりますと、まだまだ好みに若さがあるところです。とがったところだって持っている人も多いことでしょう。だからこそ「他にない住宅にしたい!」という思いを持っていたりするのです。

しかしアラフォーぐらいの年齢になると、落ち着いてきて定番ものを好むようになったりもするのです。一概に言えないところも大きいですけれどね。しかし、後々に売りに出すということをもしも考えているのでしたら、注文住宅だからとあまりにも個性的な家は建てない方がいいかと思います。あまりに個性的すぎると、リフォームがしづらい家になったりもしますから。まあ、家の好みも人それぞれですから意見の押し付けはしませんけれど、参考までに。